☆ 「スーパーマリオブラザーズは愛されている」

任天堂の開発が最近進んでいるような気がします。任天堂Switchiの発売でスプラトゥーンや、マリオカートなどの発売を経て、どんどんいろんなゲームが発売されている気がします。
10月27日に、マリオオデッセイというゲームが発売されました。「マリオ、世界の旅へ」というのがテーマのストーリを進めながら、コインを集め、ピーチ姫を助けに行くストーリが繰り広げられています。発売されてすぐ、Youtubeの生配信ではマリオオデッセイをプレイしている実況者を見かけました。普段は他のマリオメーカーというゲームや、マリオには関係のないゲームを実況している人でも、新しいゲームが発売された時には、「ネタ」にもなるし、人も集まりやすいからです。また、早くもクリアをしてブログの記事にしている人も見かけます。
スーパーマリオブラザーズは、1985年から発売、プレイされてから、日本国内だけではなく、世界で認知されています。マリオだけでなく、ルイージやピーチ姫、クッパなどのキャラクターもそれぞれ個性があり、愛される理由がなんとなくわかります。自分がマリオを操作してあの敵を倒しながらコインをゲットする楽しさが、ほとんどのゲームで共通して楽しめます。これからも世代問わず、国を問わず、愛されて行く未来が見えますね。