たばこ休憩について

たばこの有害については、学生の頃に誰でも習うことですが、実際にたばこを手にして吸うのは成人となり、社会人になってからです。

2020年の東京オリンピックに向けて、タバコの禁煙化が進んでいますね。

そんな中で現在、「たばこ休憩」が話題になっています。

なぜたばこ休憩が話題になっているかと言いますと、無喫煙者からの声で、休憩時間が不公平に取られているというものです。

たばこを吸うためにオフィスの外に出なければならなかったりと、時間のかかる休憩だと言われています。

喫煙者の公務員について考えてみると、その休憩は税金で賄われているとなると批判の声が上がるのも納得です。

思えば、私も学生時代に喫煙者の先生方は学校内で吸えない決まりになっていて、外まで吸いに行っていたなという記憶があります。

同じ休憩時間の元、休憩場所までの移動時間を計算して喫煙している人にとっては、また迷惑な話なのかもしれません。