SNSで知り合った人に注意!

9人もの人が殺害された、神奈川県座間市で起こった事件。
この事件は毎日のようにニュースで報道されている。知人のカップルを殺し、そして、ネットで知り合った女性に性的乱暴を加え、殺害したと供述しているという。
ツイッターというツールを使い、一緒に自殺してほしいとつぶやいている女性に、あたかも自分も自殺志願者だと装い、近づいたとみられている。
そして自宅のアパートへとおびき寄せ、首を絞めて殺害し、浴槽で遺体をバラバラにし、クーラーボックスで保管していた。
これは、ゴミとして捨てて、周りにバレるのが怖いからという理由でだ。
近隣の住民が換気扇を通し、異臭に気づくくらいだという部屋で、食事や睡眠がとれていたというのなら、白石容疑者は異常である。

27歳という年は若くも見えれば、もう社会人として立派な地位に立つべき人は立っている年齢。
殺害したのに女性が多いのを考えると、女性に何か興味や深い憧れがあったのだろうか。
一緒に死んで欲しい人をSNSで集う世の中になっています。
今後、SNSを使って便利さと裏腹に、犯罪に使われてしまうとなると特にこのような犯罪から若者を守るのに、何か対策が必要なのではないだろうか。